矯正の症例:受け口(反対咬合)

ふかつ歯科・矯正歯科HOME矯正の症例:受け口(反対咬合)

受け口(反対咬合)の症状

下あごが上あごより突出しているか、上あごが下あごより後退している状態で、咬み合わせが逆になっているので反対咬合ともいいます。お子様の場合、受け口(反対咬合)を放置していると、成長期において下あごが過大に成長し悪化しますので、出来る限り早い時期に治療することをおすすめします。受け口(反対咬合)は見た目の問題だけでなく顎の動きを制限し、将来的に顎の痛み(顎関節症)を引き起こす場合があります。また、お子様の場合は、正常な上顎の成長を阻害する可能性があります。

受け口(反対咬合)の原因

遺伝によるもの、永久歯への生え変わりがスムーズに行なわれなかった場合、その他として、鼻の病気・舌の癖・舌が大きい・舌小帯の位置異常などが挙げられます。

受け口(反対咬合)の症例

症例1

治療前

治療後

年齢・性別
13歳男性
治療期間
1年6ヶ月
抜歯
なし
治療費
80万(税込)
備考
マルチブラケットを用いた矯正治療
治療内容
リンガルアーチにて被蓋改善
施術の副作用(リスク)
矯正治療に伴うリスクと治療限界について

症例2

治療前

治療後

年齢・性別
33歳女性
治療期間
2年6ヶ月
抜歯
上顎4番抜歯
治療費
外科的矯正治療のため、保険適用
備考
下顎骨骨切り術を併用した外科的矯正治療
治療内容
マルチブラケット法+下顎セットバック
施術の副作用(リスク)
矯正治療に伴うリスクと治療限界について
一般的な矯正治療のリスクに加えて、全身麻酔下による手術のリスクあり

症例3

治療前

治療中

治療後

年齢・性別
28歳女性
治療期間
2年0ヶ月
抜歯
右下4番抜歯。右上5番欠損。
治療費
80万(税込)
備考
マルチブラケットを用いた矯正治療
治療内容
リンガルアーチにて被蓋改善
施術の副作用(リスク)
矯正治療に伴うリスクと治療限界について