矯正の症例:交叉咬合

ふかつ歯科・矯正歯科HOME矯正の症例:交叉咬合

交叉咬合の症状

交叉咬合(こうさこうごう)とは、奥歯のかみ合わせが上下反対に咬んでいる状態のことです。アゴのズレが生じるため、見た目だけでなく、アゴの関節に悪影響を及ぼします。主に顎関節症の原因となります。

交叉咬合の症例

症例1

治療前

治療後

年齢・性別
15歳男性
治療期間
1年6ヶ月
抜歯
なし
治療費
80万(税込)
備考
マルチブラケットを用いた矯正治療
治療内容
前歯の交叉咬合をマルチブラケットにて改善
施術の副作用(リスク)
矯正治療に伴うリスクと治療限界について

症例2

治療前

治療後

年齢・性別
8歳女性
治療期間
1年0ヶ月
抜歯
なし
治療費
35万円
備考
マルチブラケットを用いた矯正治療
治療内容
クワドヘリックスにて臼歯部交叉咬合を改善
施術の副作用(リスク)
矯正治療に伴うリスクと治療限界について