ホーム > 症状と矯正治療例 > 出っ歯

出っ歯

出っ歯の症状
出っ歯は「上顎前突」と言います。上の歯が出ている咬み合わせの状態のため、口元が出てしまい、口が閉じづらいため歯が乾きやすく虫歯や歯周病のリスクが高くなります。また、咬み合う際、奥歯への負担が大きくなります。お子様場合は将来的に、正常な下顎の成長を阻害する可能性があります。
出っ歯の原因
遺伝的なもの(顎の骨格や歯の形態の出っ歯)、成長期における指しゃぶり、舌のくせ、口呼吸などが挙げられます。

出っ歯の症例

症例1

治療前

治療中

治療後

症例2

治療前

治療後

症例3

治療前

治療後

更新日:2017.09.13

No.90 「八重歯の舌側矯正治療」について

八重歯という特別な名前が付いていますが、実際はただの犬歯です。犬歯は、前から数えて3番目に生えている歯です。この犬歯は、他の歯と違って先端が尖っています。まるで牙のようなので、別名「鬼歯」とも呼ばれて...

続きを見る