ホーム > 症状と矯正治療例 > 開窓・牽引

開窓・牽引

開窓・牽引の症状

子供の乳歯が抜けて、かなりの時間が経つのに永久歯が生えてこないと心配して来院される親御様は多くいらっしゃいます。

この場合、レントゲンにて確認すると大体の場合、もうしばらく待っていれば生えてくるであろうと予測がつきます。しかし、稀に歯の位置異常により、埋まったままの状態で生えてこないことがあります。この場合、待っていても生えてきませんので、矯正力により歯を引っ張り出す必要があります。

これを矯正学では開窓・牽引術と呼び、歯肉を切開して、歯の表面を露出させ、そこに矯正器具を付けて、良好な位置まで引っ張り出すという治療法です。

開窓・牽引の症例

症例1

治療前

治療中

  • 2ヶ月後

  • 3ヶ月後

治療後

更新日:2018.02.18

No.95 歯の神経の治療(根管治療)

歯の中には「歯髄」と呼ばれる神経や血管を含む組織があります。むし歯や外傷によって歯髄が感染したり壊死したりしてしまうと、歯髄を取り除く根管治療が必要になります。  根管治療が必要となる病態には以下のよ...

続きを見る