ホーム > 症状と矯正治療例 > 開窓・牽引

開窓・牽引

開窓・牽引の症状

子供の乳歯が抜けて、かなりの時間が経つのに永久歯が生えてこないと心配して来院される親御様は多くいらっしゃいます。

この場合、レントゲンにて確認すると大体の場合、もうしばらく待っていれば生えてくるであろうと予測がつきます。しかし、稀に歯の位置異常により、埋まったままの状態で生えてこないことがあります。この場合、待っていても生えてきませんので、矯正力により歯を引っ張り出す必要があります。

これを矯正学では開窓・牽引術と呼び、歯肉を切開して、歯の表面を露出させ、そこに矯正器具を付けて、良好な位置まで引っ張り出すという治療法です。

開窓・牽引の症例

症例1

治療前

治療中

  • 2ヶ月後

  • 3ヶ月後

治療後

更新日:2019.01.15

No.106 当院が使用する審美ブラケットについて

Ⓐプラスチックブラケット 審美ブラケットの先駆けで、コストパフォーマンスに優れています。しかし、ブラケットの一部分がメタルであるため、やや目立ちます。また接着強度が弱いことから、歯からブラケットが取...

続きを見る