矯正治療について:舌側矯正(裏側矯正)

ふかつ歯科・矯正歯科HOME矯正治療について:舌側矯正(裏側矯正)

舌側矯正(裏側矯正)

当院の矯正治療はすべて矯正器具が目立たない審美性に優れたブラケットとワイヤーを使用して行っております。そのため、ギラギラと目立つ金属の器具は一切使用しません。また、他人から全く見えない舌側(裏側)矯正治療も行っておりますのでご相談ください。舌側矯正治療の実績は福山トップクラスと自負しております。

矯正装置 ハーモニー

舌側矯正(裏側矯正)とは

舌側矯正(裏側矯正)とは、歯の表側に器具を付けるのではなく、歯の裏側に器具を付け矯正を行っていく治療法のことです。矯正器具を歯の裏側に付ければ、人に気付かれることなく矯正治療を行うことができます。器具への抵抗から矯正が出来ない方や、職業柄、目立つ装置がつけられない方というには最適な治療法です。

舌側矯正は比較的新しい治療法で、従来の表側矯正と術式が異なることや、高度な技術を要するため、矯正専門医の間でも舌側矯正治療を嫌い、施術しないという先生は多くいらっしゃいます。そのため、患者様が舌側矯正を希望したのに、舌側矯正は時間がかかる、きれいに治らない、違和感が大きいなどと一般的に言われる舌側矯正のデメリットをあげて、表側矯正を勧められたというのはよくある話です。

しかし、そのようなことは決してありません。歯並びの状態によっては舌側矯正のほうがうまく治せる場合もありますし、最先端のアンカースクリューを併用すれば、表側矯正となんら変わらず治せます。当院では他医院で舌側矯正は無理と断られた患者様が舌側矯正を施術してキレイになっています。目立つ装置に抵抗があり矯正治療をあきらめていた方、裏側矯正でステキな歯並びを手に入れましょう!

舌側矯正(裏側矯正)の利点

  • 他人に矯正装置が全く見えない
  • 表側の歯にダメージがない
  • 歯が前に出ている症例では前歯が後退させやすい
  • 虫歯のリスクが低い(歯ブラシや定期的な清掃(PMTC)はしっかり行わないといけない)
  • スポーツなどの外傷が少ない(裏側なので頬や唇を傷つけるリスクが少ない)

舌側矯正(裏側矯正)の欠点

  • 料金が割高になる→当院では一般的な舌側矯正(裏側矯正)料金より低価格で実施しております。
  • 違和感が大きく、発音がしにくい→当院の最新stb舌側矯正装置は従来のものと比較し超コンパクト設計のため、違和感が少なく発音もしやすくなっております。

舌側矯正(裏側矯正)の症例

下記の症例写真はすべて当院で施術した治療例です。舌側矯正治療に向いている歯列かどうか専門的な立場からご回答させていただきます。

矯正期間20ヶ月
ハーフリンガル矯正1(上の歯のみ舌側矯正で治療)

治療前

治療中

治療後

矯正期間18ヶ月
ハーフリンガル矯正2(上の歯のみ舌側矯正で治療)

治療前

治療中

治療後

矯正期間24ヶ月
ハーフリンガル矯正3(上の歯のみ舌側矯正で治療)

治療前

治療中(開始直後)

治療中(開始半年後)

治療後

矯正期間24ヶ月
ハーフリンガル矯正4(上の歯のみ舌側矯正で治療)

治療前

治療中

治療後

矯正期間24ヶ月
フルリンガル矯正1(上下の歯を舌側矯正で治療)

治療前

治療中

治療後

矯正期間18ヶ月
フルリンガル矯正2(上下の歯を舌側矯正で治療)

治療前

治療中

治療後

矯正期間10ヶ月
前歯のみの部分的舌側矯正1

治療前

治療中

治療後

矯正期間12ヶ月
前歯のみの部分的舌側矯正2

治療前

治療中

治療後

矯正期間4ヶ月
前歯のみの部分的舌側矯正3

治療前

治療中

治療後

矯正期間6ヶ月
前歯のみの部分的舌側矯正4

治療前

治療中

治療後

症例

治療前

治療中

治療後