ホーム > 症状と矯正治療例 > 交叉咬合

交叉咬合

交叉咬合の症状

交叉咬合(こうさこうごう)とは、奥歯のかみ合わせが上下反対に咬んでいる状態のことです。

アゴのズレが生じるため、見た目だけでなく、アゴの関節に悪影響を及ぼします。主に顎関節症の原因となります。

交叉咬合の症例

症例1

治療前

治療後

症例2

治療前

治療後

更新日:2019.01.15

No.106 当院が使用する審美ブラケットについて

Ⓐプラスチックブラケット 審美ブラケットの先駆けで、コストパフォーマンスに優れています。しかし、ブラケットの一部分がメタルであるため、やや目立ちます。また接着強度が弱いことから、歯からブラケットが取...

続きを見る