ホーム > 症状と矯正治療例 > 交叉咬合

交叉咬合

交叉咬合の症状

交叉咬合(こうさこうごう)とは、奥歯のかみ合わせが上下反対に咬んでいる状態のことです。

アゴのズレが生じるため、見た目だけでなく、アゴの関節に悪影響を及ぼします。主に顎関節症の原因となります。

交叉咬合の症例

症例1

治療前

治療後

症例2

治療前

治療後

更新日:2017.09.13

No.90 「八重歯の舌側矯正治療」について

八重歯という特別な名前が付いていますが、実際はただの犬歯です。犬歯は、前から数えて3番目に生えている歯です。この犬歯は、他の歯と違って先端が尖っています。まるで牙のようなので、別名「鬼歯」とも呼ばれて...

続きを見る