ホーム > 症状と矯正治療例 > 開口症

開口症

開口症の症状
奥歯は咬んでいるが前歯は咬んでいない状態。奥歯でしか咬み合わず、奥歯への負担が非常に大きくなります。また、幼少期の舌の癖や指しゃぶりが主な原因で、そのまま大人になると治療が難しくなる可能性があります。
開口症の原因
遺伝的傾向、指しゃぶり、唇を噛む癖、爪噛み、口呼吸、舌癖などが挙げられます。

開口症の症例

症例1

治療前

治療中

治療後

症例2

治療前

治療後

更新日:2018.02.18

No.95 歯の神経の治療(根管治療)

歯の中には「歯髄」と呼ばれる神経や血管を含む組織があります。むし歯や外傷によって歯髄が感染したり壊死したりしてしまうと、歯髄を取り除く根管治療が必要になります。  根管治療が必要となる病態には以下のよ...

続きを見る