ホーム > 矯正治療について > 矯正治療が必要な理由
安心・納得の矯正治療

矯正治療が必要な理由

矯正治療はただ見た目をキレイにするだけのものだと思っていませんか?
矯正治療の真の目的は、ガタガタの歯並び、出っ歯、受け口などを治すことにより見た目以上に良好な咬み合わせを得ることなのです。

歯並びが悪いと歯磨きが難しいため、汚れが残りやすい口腔内環境となり虫歯や歯肉炎、歯周病といった歯の病気にかかりやすくなります。そして、虫歯、歯周病になると結果的に歯の寿命が短くなってしまいます。また、咬み合わせが悪いと、しっかり咬む事が出来ず、下アゴの関節に負担がかかり顎関節症という病気を引き起こしてしまう原因にもなります。

食事をする上で一生使っていかなければならない歯は貴重な財産です。
80歳以上で20本以上の歯を残している方の多くは正常咬合(良好な歯並び)であり、不正咬合(悪い歯並び)ではありません。その事からも歯並び、咬み合わせを良くすることは、今後の人生に大きなメリットをもたらします。歯並び、咬み合わせが悪いと悩んでいる方は、矯正してキレイで健康な歯になりましょう!

将来の歯並びのための小児矯正

矯正歯科治療とは、歯並びと咬み合わせの改善を目指した治療です。
大人の矯正治療は歯をきれいに並べ、最終的な咬み合わせを作ることを目的としています。
それに対して、小児矯正はあごの成長速度のコントロールや、そのままにしておくと成長に悪い影響をあたえる咬み合わせを治療します。
小児期に歯並びや咬み合わせが悪いと、大人になってからもずっと心理的な悪影響を受けたり、虫歯や歯周病、顎関節への影響が出てきます。
小児期に歯並び・咬み合わせの治療を行うことでこれらの心配を予防することができます。

歯並びが悪くなると・・・

歯並びが悪くなると、以下のようなことが生じてくる可能性があります。

  • 歯磨きがしづらく、虫歯になりやすい
  • よく噛めないため、あごの成長が遅くなってしまう
  • よく噛めないため、すぐに飲み込んでしまい、肥満になりやすい
  • 咬み合わせが崩れ、あごに負担がかかるため、顎関節症になりやすい
  • 息が漏れやすく、発音やかつ舌が悪くなる
  • 歯並びに対するコンプレックスから消極的な性格になりやすい

特に精神面については、矯正治療を行うことで、今まで笑わなかったお子さんに笑顔が見られるようになったケースもあります。
矯正治療でコンプレックスを解消し、歯並びや咬み合わせを美しく自然に治すことで心の健康を守ることができます。

更新日:2017.09.13

No.90 「八重歯の舌側矯正治療」について

八重歯という特別な名前が付いていますが、実際はただの犬歯です。犬歯は、前から数えて3番目に生えている歯です。この犬歯は、他の歯と違って先端が尖っています。まるで牙のようなので、別名「鬼歯」とも呼ばれて...

続きを見る