ホーム > 症状と矯正治療例 > 過蓋咬合

過蓋咬合

過蓋咬合の症状

過蓋咬合(かがいこうごう)とは、上の鳩下の歯の重なりが深い状態の歯並びのことです。写真のように、下の歯が見えないほど深く咬み込んでいる状態です。

深く咬み込んだ歯が歯肉を傷つけたり、歯と歯が接触している部分に噛む力が多くかかり、歯が摩耗しやすいです。

過蓋咬合の症例

症例1

初診時

治療中

治療後

更新日:2017.09.13

No.90 「八重歯の舌側矯正治療」について

八重歯という特別な名前が付いていますが、実際はただの犬歯です。犬歯は、前から数えて3番目に生えている歯です。この犬歯は、他の歯と違って先端が尖っています。まるで牙のようなので、別名「鬼歯」とも呼ばれて...

続きを見る