ホーム > 症状と矯正治療例 > 過蓋咬合

過蓋咬合

過蓋咬合の症状

過蓋咬合(かがいこうごう)とは、上の鳩下の歯の重なりが深い状態の歯並びのことです。写真のように、下の歯が見えないほど深く咬み込んでいる状態です。

深く咬み込んだ歯が歯肉を傷つけたり、歯と歯が接触している部分に噛む力が多くかかり、歯が摩耗しやすいです。

過蓋咬合の症例

症例1

初診時

治療中

治療後

更新日:2018.05.28

No.98 横顔の評価基準「E--ライン」

 E―ラインとは人の側貌〝profileプロファイル横顔〟を評価する一つの基準とされ、このライン内に入ることが美しい口元とされています。この評価方法は1954年に矯正医ロバートリケッツ(Robert ...

続きを見る