ホーム > 症状と矯正治療例 > 過蓋咬合

過蓋咬合

過蓋咬合の症状

過蓋咬合(かがいこうごう)とは、上の鳩下の歯の重なりが深い状態の歯並びのことです。写真のように、下の歯が見えないほど深く咬み込んでいる状態です。

深く咬み込んだ歯が歯肉を傷つけたり、歯と歯が接触している部分に噛む力が多くかかり、歯が摩耗しやすいです。

過蓋咬合の症例

症例1

初診時

治療中

治療後

更新日:2018.12.14

No.105 下顎前歯部の先天性欠如を伴う上顎前突について

今回の症例は、下顎前歯2本が生まれつき欠損していたことにより生じた歯性の上顎前突をご紹介いたします。  「上顎前突」とは上顎骨もしくは前歯が突出している状態をいい、横顔からみると、鼻や下顎に対して口...

続きを見る