ホーム > 矯正治療について > 新時代の矯正治療
安心・納得の矯正治療

新時代の矯正治療

従来の矯正治療は患者様の協力状態の有無によって治療期間および治療結果が大きく左右されていました。歯を動かすとき、力の支え(固定源)が必要です。例えば、前歯を動かしたい時は奥歯を固定源として前歯を引っ張っていきます。要するに歯と歯で綱引きをさせるイメージです【画像1】。

しかし、動いてほしくない固定源である奥歯も少なからず動いてしまいます。固定源の動きを最小限に止めるために、患者様にヘッドギアや顎間ゴムといった面倒な付加装置を日常で使用してもらう必要がありました。そのため、絶対的に動かない固定源(不動固定)というものが求められていました。

近年、画期的なシステムが導入されました。スクリューピンを固定源にした矯正治療というものです。これは矯正用の小さなスクリューピンを歯と歯の間の骨に埋め込み、これを支えに歯を動かすというものです【画像2】。

ピンを骨に埋めるといっても6ミリ程の小さなピンで、10分足らずで終了し、痛みはほとんどありません。危険で怖いものでは全くないのです。固定源が歯ではなく骨のため動く心配が全くなく、矯正治療の永遠のテーマであった不動固定が可能となったのです。これを用いれば、確実な歯の移動が行えるためどんな歯並びでも良好な治療結果が得られます。患者様にとって面倒な付加装置も付けずに済むし、治療期間も大幅に短縮できます。2年の治療期間を要する方で、半年〜1年は短縮されます。まさしく、夢の矯正治療法といっても過言ではありません。当院では、多くの患者様にこのスクリューピンを用いた矯正治療を開始しております。【写真1】

どんな歯並びでもお任せください。まずは矯正無料相談にお越しください。

更新日:2018.12.14

No.105 下顎前歯部の先天性欠如を伴う上顎前突について

今回の症例は、下顎前歯2本が生まれつき欠損していたことにより生じた歯性の上顎前突をご紹介いたします。  「上顎前突」とは上顎骨もしくは前歯が突出している状態をいい、横顔からみると、鼻や下顎に対して口...

続きを見る