ホーム > 診療メニュー > ガミースマイル
診療メニュー

歯肉形成(ガミースマイル治療)

■ガミースマイルとは
ガミースマイルとは、口を大きく開けたり、笑ったりしたときに歯茎が見えすぎてしまう状態をいいます。
その原因は、遺伝や、唇が上がり過ぎてしまったり、骨が歯を覆いすぎてしまったり、歯が歯肉に被り過ぎてしまったりと様々な理由があります。
治療方法は、歯茎の見え方や、お口の状態により、治療方法が変わってきます。 歯が小さすぎる場合は、歯肉切除、クラウンレングスニング(歯冠長延長術)での治療。歯の位置が下前方すぎる場合は、クラウンレングスニング+セラミック矯正、インプラント矯正による治療。上唇があがりすぎる場合は、LIP(上唇粘膜切除術)、ボトックス注射による治療になります。
■歯肉形成とは

笑うと歯茎が見えすぎて口を開けて笑えない。笑顔に自信が持てない。
このような見えすぎる歯茎や左右で不揃いな歯肉ラインを形成してきれいに整える治療法です。

歯肉形成は手軽で費用が安く、短期間で終わる治療です。

歯並びによって歯茎の高さが不揃いの方や、全体的に歯茎が見えすぎてしまう方などは、どうしたら良いかとお悩みの方は意外と多いのではないかと思います。
歯茎が見えすぎてしまう原因はさまざまあります。
矯正をして歯並びを整えたり、歯を出したりすることである程度の改善は見込めますが、短期間で大きな変化をお望みの方は、外科的な手術にアプローチする必要があることも多くあります。
歯肉形成はその中でもっとも手軽で費用が安く、短期間でガミースマイルを治す治療です。
しかし適応が限られたり、限界があったり、後戻りしたりなどの弱点もありますのでご自身にあった治療方法をご検討ください。

■歯肉形成の特徴
麻酔をするので痛みが少なく、一度の治療が終わることが多いのが特徴です。
よりクオリティを上げたい、大きく変化したい方は、合わせてセラミック治療やホワイトニング、骨の手術や唇が上がらないようにするための外科手術の併用が必要なことがあります。

ガミースマイルの原因と治療法

歯の長さの問題

歯の位置の問題

唇の位置・形の問題

  • 歯が小さすぎる場合
    歯肉切除、クラウンレングスニング(歯冠長延長術)での治療
  • 歯の位置が下前方すぎる場合
    クラウンレングスニング+セラミック矯正、インプラント矯正による治療
  • 上唇があがりすぎる場合
    LIP(上唇粘膜切除術)、ボトックス注射による治療

歯肉形成(ガミースマイル治療)の料金・費用

メニュー名 本数・回数 通常料金 (税込)
歯肉形成 上顎1~6本まで 32,400円
■治療方法 歯肉形成(ガミースマイル治療)
■治療説明 歯肉形成は、被り過ぎている歯茎を電気メスで切除することで、笑った時の歯茎の見えすぎであるガミースマイルを改善することを目的とした治療です。
■治療費 32,400円(税込)
■治療の副作用(リスク) 麻酔をした部分が内出血となり痛みを伴う可能性があります。
後戻りの可能性があります。
赤味や微出血がでることがあります。
一時的に口内炎のような痛みが残ることがあります。
■治療期間 1日
■治療回数 1回

ガミースマイルの症例

症例1(電気メスによる歯肉形成)

所要時間30分

  • 治療前

  • 治療後

症例2(インプラント矯正で治療)

  • 治療前

  • 治療中

  • 治療後