ホーム > 症状と矯正治療例 > すきっ歯

すきっ歯

すきっ歯の症状
すきっ歯とは、あごの大きさに比べ歯が小さかったり、歯の数が少なかったために、隙間だらけになっている歯並びのことです。歯の隙間に食べ物が挟まったり、前歯の隙間が目立つことに悩みをもっている方も多いです。

すきっ歯の症例

症例1

治療前

治療後

症例2

治療前

治療後

更新日:2018.02.18

No.95 歯の神経の治療(根管治療)

歯の中には「歯髄」と呼ばれる神経や血管を含む組織があります。むし歯や外傷によって歯髄が感染したり壊死したりしてしまうと、歯髄を取り除く根管治療が必要になります。  根管治療が必要となる病態には以下のよ...

続きを見る