ホーム > 症状と矯正治療例 > すきっ歯

すきっ歯

すきっ歯の症状
すきっ歯とは、あごの大きさに比べ歯が小さかったり、歯の数が少なかったために、隙間だらけになっている歯並びのことです。歯の隙間に食べ物が挟まったり、前歯の隙間が目立つことに悩みをもっている方も多いです。

すきっ歯の症例

症例1

治療前

治療後

症例2

治療前

治療後

更新日:2017.09.13

No.90 「八重歯の舌側矯正治療」について

八重歯という特別な名前が付いていますが、実際はただの犬歯です。犬歯は、前から数えて3番目に生えている歯です。この犬歯は、他の歯と違って先端が尖っています。まるで牙のようなので、別名「鬼歯」とも呼ばれて...

続きを見る