ホーム > 矯正治療について > 矯正装置
安心・納得の矯正治療

当院でよく使用する矯正装置のご紹介

ブラケット

プラスチックブラケット

〈メタルブラケット〉と同じ装置ですが、透明に作られているため、目立ちにくくなっています。

セラミックブラケット

審美性と強度を兼ね備えた装置です。装置上を通るワイヤーも白いものを使用しておりもっとも目立ちにくい装置です。

リンガルブラケット装置

装置が見えるのが嫌な患者様は、裏側からの矯正も可能です。

顎内装置

クワドヘリックス

歯列を横に広げる装置です。

床拡大装置

クワドヘリックスと同様に歯列を広げる装置です。

ペンデュラム装置

歯を後方に移動させる装置です。

パタラル・アーチ

歯を固定させる装置です。

リンガル・バー

歯を固定、もしくは傾斜移動にて歯を動かす装置です。

顎外装置

チン・キャップ

下アゴの成長を抑えたり、成長方向を変更させる装置です。

ヘッドギア タイプ1

上アゴの成長を抑えたり、上の奥歯のコントロールに使用します。首から引っ張るタイプです。

ヘッドギア タイプ2

タイプ1と同様です。頭から引っ張るタイプです。

フェイシャルマスク

上アゴの成長を促す装置です。

その他

保定装置

マルチブラケット装置にて矯正治療が終了したあと、後戻りを防ぐために使用する装置です。

矯正用ミニインプラント

直径8ミリ程のスクリュータイプのミニインプラントを歯ぐきに埋めることで、良好な治療結果が得られ、治療期間も短縮できます。また大がかりな矯正装置を使う必要がなくなります。当院では、通常、上アゴの奥に2本埋め込みます。
歯ぐきに埋め込むといっても、局所麻酔下にて行いますので、痛みはなく10分程度で終わる簡単な埋め込み術です。

更新日:2018.12.14

No.105 下顎前歯部の先天性欠如を伴う上顎前突について

今回の症例は、下顎前歯2本が生まれつき欠損していたことにより生じた歯性の上顎前突をご紹介いたします。  「上顎前突」とは上顎骨もしくは前歯が突出している状態をいい、横顔からみると、鼻や下顎に対して口...

続きを見る